Sometimes, in my mind, I suddenly meet a person with a very attractive expression like a staggering envy and resignation. They are someone I've never met before, but they have some kind of reality and behind my eyelids they are quietly looking at me.

 

People often memorize the face of a passing person though it is vaguely. However, it is impossible to correctly memorize the superficial information on the mirror itself reflected in the mirror as it is, or more accurately to read the emotions and thoughts secreted behind the heart of someone in front of the eyes of course you can not.

 

Everyone keeps memorizing someone else who resembles himself through the filter of my eyes, thinking and imagination from the moment of being born in this world. And at the end of the mixture of such memories, the person appears on the back of my eyelids.

 

The people I make will certainly be the symbol and portrait of "someone who is me(or me who is someone)", distorted, accumulated and smuggled by the filter of my eyes, thinking and imagination, always reflecting my present .

 

I pray that a portrait of someone who is similar to me will meet you someday.

 

時々私の頭の中で、羨望と諦観を綯い交ぜにしたような、とても魅力的な表情の人に突然出会う事がある。その人は今まで出会ったことのない誰かのはずなのに、ある種のリアリティーを持って、瞼の裏側で静かにこちらを眺めている。

 

人は、すれ違う人の顔を朧気ながらも記憶していることがある。しかし、鏡に映った自身の表面的な情報ですら、全てをありのままに正しく記憶することはできないし、ましてや、目の前の誰かの心の奥に秘めた感情や思考を、正確に読み取ることなど当然できない。

誰もが自分の目と思考と想像のフィルターを通して、自分によく似た違う誰かを、この世に生まれた瞬間から記憶し続けている。そして、そのような記憶の集積が混ざりあった末にふと、私の瞼の裏側にその人が現れる。

 

私が作る人達はきっと、常に私の今を反映しながら、私の目と思考と想像のフィルターで、歪められ蓄積され綯い交ぜにされた、「私という誰か/誰かという私」の象徴と肖像なのだろう。​ 

私は、私に似た誰でもない誰かの肖像が、いつかあなたに出会うことを祈っている。

  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル

©2019 Yusuke Tsuchiya